このページをブックマーク はてなブックマーク Yahooブックマーク Googleブックマーク

印刷 印刷

第24回 繊維ファッション産学交流会議

2017.12.27 

風が変わる、本質も変わる
~次の革新への準備~

主 催:繊維ファッション産学協議会
後 援:経済産業省・文部科学省


このところ時代のキーワードのようになっているのが「インダストリー4.0」という言葉です。「第四次産業革命」とも訳されます。 IoT やAI を用いることによる産業の革新と解釈されますが、私たちの周辺には、こうした大きな変革の波がひたひたと押し寄せています。この流れはファッションの世界でも起こりうることで、すでに一部では始まっています。デジタル社会への対応もさることながら、そこで求められるのは個々の“本質変革"です。これまでの慣習から抜け出し、革新の波に対応する体質を構築する。24回目を迎えた今回は、ファッション界を取り巻く時代への読み取り、そして新たなビジネスモデルを推進する講師お二人をお招きし、ご参加いただいた皆様とともに、ファッション界にも起こりつつある変革の本質に触れられたらと願っております。

【概要】
開催日:2018年2月9日(金)
場 所:ホテルグランドパレス(ダイヤモンドルーム)
参加費:¥3,000


【主催者挨拶】(15:00~15:10)

繊維ファッション産学協議会 理事長 廣内  武(ひろうち たけし)


【第一部】講演(15:1016:10)
「なぜ売れるのか、なぜ売れないのか」

流行仕掛け研究所 代表 島田  始(しまだ はじめ)氏

島田 始 氏 
トレンドジャーナリスト/流行仕掛け研究所代表

○プロフィール
1949年東京都生まれ。1973年平凡出版(株)(現:(株)マガジンハウス)入社。『アンアン編集部』でファッション、最新情報等を担当。『Hanako』特集デスクキャップをはじめ、企画開発チーフプロデューサー、未来型雑誌&広告研究等の企画運営、メディアマーケティング室チーフプロデューサー、カスタム出版部でチーフプロデューサー、通販カタログマガジン『める倶楽部』(部数100万部)等カスタム雑誌の編集長、第二書籍編集部編集&プロデューサーなどを歴任。2010年、島田始事務所並びに流行仕掛け研究所を設立、代表に就任。各ジャンルのトレンド、流行の仕掛け、予測・分析、マーケティング、商品開発、メディアプランニング、パブリシティを手掛ける。跡見学園女子大学観光コミュニティ学部兼任講師。『僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。』など著書多数。


【第二部】講演(16:2017:20)
「メイドインジャパンを世界へ」

ライフスタイルアクセント株式会社 代表取締役 山田 敏夫(やまだ としお)氏

山田 敏夫 氏 
ファクトリエ代表/ライフスタイルアクセント(株)代表取締役

○プロフィール
1982年熊本県生まれ。大学在学中、フランスへ留学しグッチ・パリ店で勤務。卒業後、ソフトバンク・ヒューマンキャピタル㈱に入社。2010年に東京ガールズコレクションの公式通販サイトを運営する㈱ファッションウォーカー(現:㈱ファッション・コ・ラボ)へ転職し、社長直轄の事業開発部にて、最先端のファッションビジネスを経験。2012年、ライフスタイルアクセント㈱を設立。2014年中小企業基盤整備機構と日経BP社との連携事業「新ジャパンメイド企画」審査員に就任。2015年経済産業省「平成26年度製造基盤技術実態等調査事業(我が国繊維産地企業の商品開発・販路開拓の在り方に関する調査事業)」を受託。年間訪れるモノづくりの現場は100を超える。


【懇親パーティ】(17:40~)




〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-1-1

一覧を見る